About

セラミックアートビゼン in 閑谷とは

10/20(土)、21(日)の2日間にわたり、
備前焼を用いて、国内外のアーティストが、作品の展示・販売・ワークショップなどを開催します。
日本遺産 旧閑谷学校を舞台に、伝統と新たなジャンルのコラボレーションをご覧ください。
備前焼まつりと同時開催で、両会場への無料シャトルバスの送迎もあります。

セラミックアート
ビゼン in 閑谷
開催に際して

セラミックアートビゼンin閑谷

本展は、備前焼の新たな可能性や方向性を探る中で、
アートとして特化して魅せることを目的に企画しました。
普遍的で生命の宿った素材を
歴史/伝統とアート/自由造形の総合を魅せるよう、空間演出しています。

会場は、日本最古の庶民の学校として建てられた旧閑谷学校を舞台とし
フラワーアレンジメントやイングリッシュガーデンという、
今まで備前焼が関わってこなかったジャンルとのコラボレーションで
新たな可能性を表現しました。

出来上がった作品を展示するということのみではなく、
デモンストレーションやワークショップ、ティーパーティーなどの
イベントの場も設けています。

作品ができあがる『過程』を見て、実際に使用していただく中で、
備前焼に興味をより深めてもらえると嬉しく思います。


こちらからチラシをダウンロードできます。

オーガナイザー
石田 和也 Ishida Kasuya

1986 岡山県備前市に備前焼作家・石田安弘の長男として生まれる
2006 備前陶芸センターを修了
2007 京都府立陶工高等学校技術専門校を卒業
2007-2010 備前焼人間国宝 伊勢崎淳に師事
2011 イギリスKigbeareStudioにて制作
2012 イギリスWhichfordPotteryに就職
2013 帰国後、岡山県備前市伊部にて工房を構え独立。エストニア国際アートシンポジウムに参加
2015 イギリス「OXFORD ANAGAMA PROJECT」プロジェクト推進日本担当


→ 石田 和也 ホームページ